オンラインカジノの本場はアメリカ!

オンラインカジノとはネット上でカジノが楽しめることを言います。インターネットの割と初期からあり、日本では利用者はまだまだ少ないものの海外は大きな規模で展開されています。なかでも2000年代に大きな存在感を見せていたのがアメリカです。

アメリカはポーカーが空前の人気となり、ポーカーを職業とする人も出て、映画も公開されました。テキサスホールデムポーカーと呼ばれるルールが人気で、世界中の標準ともなっています。その頃のオンラインカジノは現実にお金を稼ぐことができました。普通、そうしたゲームは仮想の通貨を利用しますが、2000年代は法規制がなかったため現実のお金のやり取りは合法だったのです。

もちろん現在は法規制が入ったためにアメリカでもお金のやり取りはできません。仮想のチップを用いてゲームを楽しみます。大きな魅力が失われたことで利用者は少し減りましたが、ポーカーやブラックジャック、ルーレットなどは遊びとしてもおもしろいのでまだまだ盛り上がっています。

加えて法規制を見直そうとする動きも出ているようです。これは禁止法があったにも関わらずリアルマネーを使うところがあったためで、そのまま野放しにするよりはある程度法律を緩和することでしっかりと管理下に置こうとする狙いがあるためです。いずれにしろ、もう一度法律が解禁されればさらなる盛り上がりが期待できます。

日本でも法律が2018年に通りました。これからはラスベガスに行かずともルーレットやブラックジャックが楽しめることになります。ネット規制に関しても、やはりアメリカの動きは全世界に影響を与えるため、日本の法律も見直されるかもしれません。大人気のベラジョンカジノのようなオンラインカジノの今後に注目したいところです。