ランディングページ作成の効果測定について

ランディングページでは、自社の商品をコストパフォーマンスの高い方法で販売する方法です。リスティング広告を利用して、通販での販売実績や会員獲得を目指す方法のひとつです。パソコンやスマートフォンを利用する人は、ネット通販で商品を購入する人が多いです。購入した商品についての情報を得たい場合、検索エンジンを利用して、情報を得るようにします。利用者が商品情報やサービス内容を把握する際には、必ず、検索キーワードで検索し、その結果を見て、購入するか否かを判断します。検索結果は、すぐに表示されますが、ページの一番上もしくは横には、広告枠があります。これは、企業が商品を売りたいと思うサイトへの誘導を行うための方策です。過去には、自社のホームページへ誘導するための方策だったのですが、ホームページに利用者を誘導しても、すぐに商品を購入できる状態ではありません。ホームページには、会社情報などのさまざまな情報があるからです。

しかし、ランディングページは、自社の商品やサービスをすぐに利用したい人のための専用ページです。ホームページの中から、販売できるための要素を抽出して、1枚のページにまとめあげたものです。従って、売りたい商品やサービスの注文画面も用意されており、ビジュアル的に商品の良さを理解できるようなデザインに仕上げられています。広告宣伝方法としては、マスコミを利用することが主流でしたが、多額の費用がかかるために、今では、ネットでのリスティング広告を利用する企業が多いのです。

自社にシステム部門がある場合には、担当部署で作成することも可能ですが、できれば、システム会社に依頼した方がよろしいです。自社の商品やサービスを客観的に判断し、魅力あるランディングページを作成することができるからです。また、作成したランディングページの効果測定結果を提示してもらうこともできます。いきなり完璧なランディングページができるわけではなく、一定期間の効果測定をして、より良いページを作り上げることができるのです。

通販のホームページの制作実績で優秀な結果を出している業者は、デザイン性や色使い、テキストデータなどとの連動性などが明確になっており、広告枠からランディングページを見た人のコンバージョン率はとても高いです。自社の商品のことは、自社の担当が一番理解できる。そう思う企業のランディングページは、決して良いものではありません。客観性にかけ、自社の商品を愛するばかりにムダな費用を費やしてしまうのです。