ランディングページの主な構成要素とは

ランディングページ(LP)を作ることに決めたら、せっかくなのでユーザーに最後まで読んでもらいたいと思うものです。そこで大切になるのがLPの構成要素です。構成要素次第では、ユーザーにすぐ離脱されてしまって成果が上がらないケースも考えられるからです。

ランディングページの構成要素は主に4つ
一般的にランディングページの基本的な構成要素としては、ファーストビューと商品やサービスのメリットを伝える項目、詳細を伝える項目、ユーザーからの声、Q&Aという4つの要素があります。他社が展開しているランディングページを見ると分かりやすいですが、多くの企業がこうした構成でランディングページを制作していることが分かります。
簡潔に言えば、LPはファーストビューで決まってしまうと言っても過言ではありません。ファーストビューというのは、ウェブページにアクセスした時に、スクロールなしで見られるブラウザの画面範囲を指します。この時にユーザーをいかに惹きつけられるかが大切になってきます。
この際にやってしまいがちなミスは、沢山の情報を載せたいと詰め込みすぎることです。ファーストビューに記載する情報は、「商品に関する明確な情報」、「商品が持つメリット」「信頼性を担保するための情報」などに絞りましょう。LPに訪問する人は、既に情報を知っていて、購買意欲が高いユーザーも存在します。そうしたユーザーのためにも、ファーストビューにはお申込みボタンを配置しましょう。

読みすすめたくなるようなファーストビュー
ファーストビューの段階でユーザーが離脱してしまうのは避けたいものです。そのためには、「もっと詳しい内容を知りたい」とユーザーに思わせる必要があります。しかし、ファーストビューだけに載っている情報量では限界があるので、導線を上手く設けてユーザーの購買意欲をアップさせるようなデザインにしましょう。
ポイントは、実績などを載せて信頼性と同時に安心感を与えることです。キャッチコピーでは、どのような商品なのかを分かりやすい表現で伝える必要があります。商品あるいは商品をイメージした画像を使用するのもお勧めです。

簡潔に伝わるメリットを記載
メリットの記載は、商品の特性をユーザーに知ってもらいたいあまり、つい長文になりがちな傾向がありますが、それでは逆効果です。多くの場合、全文を読み切る前に読み飛ばしてしまうか、離脱してしまいます。そうならないためにも、メリットは明確に記載しましょう。見出しは特に簡潔に、読んだだけで利点が分かるようにします。説明文は短くして、代わりにイラストや図などを使って直感的に理解できる内容にしましょう。