ランディングページの構成案とコンテンツについて

ランディングページを閉じさせないための工夫。
ランディングページでは魅力ある商品を紹介している、しかし集客は出来ているものの、売り上げに結び付かないと悩みを持つ企業担当者や通販者も多いのではないでしょうか。
縦長になっている画面は、最初に表示が行われる部分は全体の極わずか、この部分でユーザーにある程度の魅力を伝える工夫を行う事がスクロール行動を最後まで行うポイントにもなります。
ちなみに、ページにアクセスした際に表示される部分の事をファーストビューと呼びますが、ヒートマップ解析ツールを利用する事で最下部へのスクロール達成度を把握する事が出来ます。
逆に、ファーストビューでユーザーに魅力を伝える事が出来ない、興味を抱かす事が出来ない場合、最下部までの到達達成度が下がってしまう事になります。

ファーストビューで行う工夫について。
文字を大きく目立つようにする、特に強調したい部分の文字は色を付ける、枠組みで囲みを行い、枠内に背景色を取り入れるなどの工夫が大切です。
また、文章や見出しは分かりやすくが鉄則ですが、競合との差別化が図られているものであるのか否かもチェックしておく必要があります。
仮に、有名メーカーの商品と同じようなものをランディングページの中で紹介してある場合、商品の品質がメーカーと同等、値段がメーカーよりも安いなどのキャッチフレーズがあればユーザーはもう少しページを続けて読んでみようと言う行動を行うようになります。
ちなみに、ランディングページは物語を語るのと同じような構成案が必要と言われています。
人が購入行動に入るためには、求めているものが見つかりそうだと感じた時から始まります。
ファーストビューはランディングページにアクセスした時に必ず目に入る部分になるので、ここでユーザーの求めているものがここにある事を記すようにしましょう。

今話題のホームページとリスティング広告について。
ファーストビューを見てユーザーがもう少し読みと続けようと感じる事でスクロールバーを移動しながら下方向に画面を移動し始めます。
構成案には口コミを利用して商品の素晴らしさを利用した人の評価で宣伝する、商品情報を詳しく掲載する部分を設けるなどが大切です。
ランディングページはリスティング広告を利用して誘導するウェブページでもあり、リスティング広告の出現数が多くなると同時に、クリック数を増やすための最適化も必要です。