ランディングページのコーディングについて

ランディングページとリスティング広告について。
検索結果に表示される広告をリスティング広告と言いますが、この広告をクリックした時やバナー広告をクリックした時に長手のウェブページが表示されて、内容を読んでいる内に広告商品を購入したと言う人は多いのではないでしょうか。
このウェブページはランディングページと呼ぶもので、広告リンクをクリックした時に表示するページです。
普通のウェブサイトとは違い、メニューやトップページに戻るなどのナビゲーションがない、サイトマップやサイト内検索などの機能もありません。
複数の階層構造を持たない、長手のウェブページで、ユーザーは上から順番にページ内を閲覧し、最終的にページ内で紹介している商品を購入したい場合には購入手続きページに移動する、特別興味を持たない人はページから立ち去ってしまうなどのいずれかです。

ページから立ち去らない工夫を行う事が重要です。
ランディングページを制作しても、購入希望者数が少ないなどの場合、ページの中で紹介文に問題がある、目的を達成したいユーザーを集客出来ていないなどが考えられます。
ちなみに、ランディングページの中には画像が数枚貼り付けてあり、ページ制作が行われているケースもありますが、ランディングページもSEO対策が必要不可欠であり、検索エンジンがページの先頭から読み込んだ際に、画像だけのウェブページは評価を下げてしまう事になります。
検索エンジンはHTML文書を順番に読み込んで評価をするため、折角良質のコンテンツが掲載してあっても、それを画像にしてしまうと、検索エンジンは画像として捉えてしまうので効果がなくなってしまいます。
そのため、ランディングページはコーディングをしっかりと行って、検索エンジンからの評価を貰えるようにするのが大切です。

ホームページのコーディングについて。
ランディングページはウェブページの一種になるため、コーディングはHTML言語を利用して行う事になります。
SEO対策の中ではHTMLは正しい記述を行う事が基本となるため、基本に忠実に行う、キーワードを使った文章を作る、メタ文やタイトルにもキーワードを挿入するなどが大切です。
ランディングページはユーザーに魅力を伝えるため、文字を大きくする、太くする、協調する部分には色を付けるなどのコツがありますが、見出しなどを作る時にはh1タグを利用するなど、SEO対策の基礎を学んだ上でコーディングを行うのがお勧めです。