ランディングページで結婚式の成約率をアップ

ランディングページ(LP)とは、自社が所有している高い価値のある情報を提供し、その代わりとして訪問者から情報を頂くページです。最初にウェブサイトに訪れたユーザーのうち96%は、まだサービスや商品を利用したいという気を持ってはいません。つまり、自社のページを見ただけで離れてしまうことも多々あります。

こうしたユーザーに対して、どのようにコンバージョンに繋げるかがマーケティング上の課題になります。そこで必要になるのが、継続的な関係を構築するためのランディングページです。
結婚式関連のランディングページを成功させるには
結婚式を控えているカップルがウェディング関連のランディングページに訪れた際には、効果的な式の作り方に関する手順が反映されていると成約率がアップします。LPを見てもらい、式を挙げる契約を交わしてもらうためには、まずはカップルが抱いている不安な気持ちを払拭することが大切です。

一例として、結婚式を挙げるために必要な料金に関する情報です。若い人の平均賃金は年配者と比較しても足元に及ばないケースが多いので、料金面の情報はとりわけ注目されやすい項目です。そのため、結婚式関連のランディングページには割引なプランなどお得な情報について掲載することが大事です。可能ならば、相場より多少低い料金を設定し、LPを閲覧した人限定サービスという形で打ち出すことにも効果があります。

結婚式に関する情報を詳細に提供する
結婚式でお金にまつわる話をすることはあまり歓迎されませんが、現実問題としてカップルにとっては避けて通れない部分です。ウェディング系の料金の設定について、その理由を詳しく伝えるコンテンツをLPに掲載することも肝心です。理由を理解してもらうことができれば、内容について納得したカップルは式を挙げようという気持ちになりやすいでしょう。

ユーザーをスムーズに誘導できる工夫を
一般的に、ランディングページではユーザーの視線をスムーズに誘導すればするほど、ユーザーがアクションを起こす確率もアップします。ユーザーの視覚を上手く誘導して、自社が伝えたいメッセージを効果的に示しましょう。
アクションにつながりにくい文章や余分なグラフィックなどがないかを確認し、必要な場合には削除してウェディングのページを分かりやすくすることが大切です。ブライダルのランディングページでは、あまりにシンプルすぎても式のイメージがわきにくいので、全体として華やいだ雰囲気を保ちつつ、矢印や線などを用いて、ユーザーがスムーズに読み進められる工夫を行いましょう。